« DEUX de DOUCE | トップページ | クリブのカタログ »

アントニオ・ロペス展

アントニオ・ロペス展
アントニオ・ロペス展
こんばんは、絵美です。
先週の土曜日若山さんが東急本店の3階でミニチュアガーデンの講習を受けている間、私はBunkamuraミュージアムで行われている“アントニオ・ロペス展”に行ってきました。

スペインのリアリズムの巨匠と呼ばれるアントニオ・ロペス。

日常的なモチーフを描くことに専念した彼は身近な家族や植物、風景を丁寧にスケッチしました。

特にお気に入りのこちら。
広告にも大きくのっている「グラン・ビア」
早朝人通りがないときに長い年月をかけスケッチした作品。
遠近法でどの位置に立っても自分がその空間にいるような錯覚に陥ります。

絵だけではなく彫刻や銅板などもいれ混ぜた作品は立体間もあり異素材の組み合わせを楽しむことができます。


6月16日まで開催されていますのでご興味のある方は5月16日から始まるクリブキルト展にお立ち寄りいただいた後に(笑)のぞいてみてください♪

« DEUX de DOUCE | トップページ | クリブのカタログ »

そのほか」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。