« 余市 | トップページ | ドームのキルト »

余市 part2

余市 part2
余市 part2
ニッカウヰスキーのシンボルマーク“キングオブブレンダーズ”。
モデルはウイスキーのブレンドを重要視した19世紀のW.Pローリー卿。
左手に大麦、右手にティスティンググラスを持っています。


そしてニッカウヰスキー余市蒸留所に展示してある“竹鶴ノート”。
「日本から来たひとりの若者が1本の万年筆とノートで我が国門外不出のウイスキーづくりの秘密を盗んでいった。」

1962年ヒューム英国元首相の来日した時のスピーチ。

この政孝の情熱の証のノートは丁寧にぎっしりと書き込まれていて、ウイスキーの手法・図面・そしてスコットランドの会社組織や社員待遇まで書き込んであるそうです。

見ごたえのある工場見学でした♪

« 余市 | トップページ | ドームのキルト »

そのほか」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。